トップ / 葬儀時の服装のマナー

葬儀時の服装のマナー

葬儀時の服装とは

葬式時の身だしなみの情報

葬儀で慌てない女性のマナー 

葬儀のマナーを簡単にまとめてみました。お通夜アクセサリーは外し、お化粧も薄く調えて伺うのがマナーです。服装も華美でなければ、喪服でなくても大丈夫とされています。会社帰りなどにそのまま向かうことが分かっていれば、黒っぽい服装で出社することができますが、そうでない場合に備え、ロッカーにダークスーツや黒のストッキングなどを置いておくのも、一つの方法です。告別式(ご葬儀)お化粧は薄化粧を心がけて。ノーメークでは失礼です。アクセサリーは、結婚指輪(婚約)のほか、パールの一連ネックレスや一粒ピアスはOKです。足元は黒のストッキングと、高すぎないヒールのパンプスが適当です。タイツは、カジュアル感が強いので不向きです。

葬儀に参列する際の服装のマナー 

人の死は誰もがいつか訪れるものです。特に、自分の両親や祖父母、親戚など身近な人の死は辛いものです。お見送りの際は、故人のためにもしっかりと作法を守って行いたいものです。さて、これに関連して葬儀の際には様々なマナーがあります。本番の時に恥をかかないよう、あらかじめ身につけておくとよいでしょう。最も注意したいマナーは服装です。葬儀に参列する際の服装は、出来るだけ地味な格好を選びます。男性の場合は、スーツやネクタイ、靴下は黒を着用します。女性の場合は、黒かそれに準ずる地味な色のスーツやワンピース、黒の靴を着用します。

葬儀・服