トップ / 葬儀の流れに関すること

葬儀の流れに関すること

葬儀の流れに関して

葬式時の身だしなみの情報

葬儀の一般的な流れについて 

葬儀というとお通夜や告別式を思い浮かべますが、その前に病院で最期を迎えたならば遺体の搬送と業者との打ち合わせが必要になります。打ち合わせでは日時・喪主・火葬場・香典返しの内容などの詳細を決定します。それから納棺し、親せきや友人などが集まり別れを惜しむお通夜を行います。お通夜があけると次に告別式が行われ、出棺です。火葬をし、骨上げが終わったら骨壺と遺影を持って埋葬をするというのが一般的な葬儀の流れです。宗教や地域などによって多少違いはありますが、日本では多くが仏教徒なので仏式で行うことがほとんどです。

葬儀の流れを考えて行動する 

社会人になると、付き合いも広がり冠婚葬祭などに行く機会が増えてきます。特に葬儀は、厳かな雰囲気の中で失敗することはできません。その流れを、考えておくと失敗することなく上手くできます。まず、最初にお香典を受付にだして、自分の名前を記帳します。そして、お焼香の案内があるまで待ちます。初めは、親族からお焼香をすませその後一般の参列者が案内後していきます。その際は、親族に軽く頭を下げて挨拶をします。そして、葬儀が終わり喪主からの挨拶を聞き、最後に霊柩車が出ていきます。これを、見送ることで全てのことが終了します。

葬儀・服